下肢静脈瘤の治療を受けて体のトラブルを即解決

先生

関節の痛み

カウンセリング

関節が痛いと感じるときは、リウマチになっている可能性があるため、なるべく早めに世田谷の病院を受診しましょう。適切な治療をしてもらうことによって、症状の進行を遅らせたり、関節の痛みを取ることができます。

もっと読む

リンパ球生かしたがん治療

脚

がん細胞のアポトーシスを

手術以外のがん治療は、放射線でも抗がん剤でも体内の隠れた場所にあるがん細胞にダメージを与える方法です。それぞれに得意分野があり、放射線は局所の比較的大きながん細胞のかたまりを処理するのに適しています。抗がん剤は体内の広い範囲に分布する小さながん細胞を始末するのが得意です。抗がん剤は手術できないがん腫瘍を小さくする目的の他、再発予防の目的で投与される場合もあります。しかしながら抗がん剤は副作用が問題となっているように、ダメージを与えるのはがん細胞ばかりではありません。攻撃精度は決して高いと言えないのです。人間の体には抗がん剤と同じ役割を果たすべきリンパ球があります。こちらはがん細胞だけを攻撃できる高い精度を持っており、本来の能力を保っていれば抗がん剤を使う必要もなさそうなものです。実際はがん患者の体内ではリンパ球の活動が衰えた状態にあるため、精度の低い抗がん剤を使うしかなかったのです。免疫療法はこの点を解決し、弱っているリンパ球を元気にしてくれる治療法です。主にNK細胞とT細胞という2種類のリンパ球が不死と言われたがん細胞にダメージを与え、理想的なアポトーシス(細胞死)に追い込みます。

自然免疫と獲得免疫

がん免疫療法に使われるリンパ球のうち、NK細胞は自然免疫系を代表します。人体に細菌やウイルスが侵入した際、最初に反応して無差別に攻撃を仕掛けるのが自然免疫系です。同じリンパ球でもT細胞は獲得免疫系を代表する存在です。獲得免疫系は学習能力に優れ、一度侵入した敵の目印を抗原として長期間記憶しています。リンパ球は細菌よりも小さいウイルスへの攻撃を得意としますが、正常細胞が異常に変化したがん細胞も排除しています。リンパ球には対象を食べる能力こそありませんが、活性酸素やタンパク質分解酵素の力でがん細胞を自然死に追いやっているのです。こうした自然免疫系と獲得免疫系の橋渡しをしている存在として、樹状細胞も見逃せません。未成熟の樹状細胞はがん細胞を食べる能力を持ち、分解したタンパク質から目印の抗原を保存しておきます。成熟後にこの抗原がT細胞にがん細胞を教えるための貴重な資料となるのです。それら免疫細胞の持つ能力を最大限に生かした免疫療法を導入する医療機関が増えてきました。NK細胞療法やアルファベータT細胞療法・樹状細胞療法などの免疫療法が開発されており、副作用の少ないがん治療として期待されています。

体のトラブルはがんだけではありません。他にも「下肢静脈瘤」と言われる症状もあります。こちらも専門の医院で治療を受けることで完治することができるので下肢静脈瘤の症状が体に表れている場合は、早めにかかりつけ医に相談するといいでしょう。そうすることで、自分の体に負担を与えることを避けられます。

深刻になる前に

ナース

脳腫瘍とは、頭蓋内にできる腫瘍を指します。脳や脳の近くの組織が元になった原発性脳腫瘍とそれ以外の転移性のものがあります。治療法は外科的療法、化学療法、放射線療法が一般的ですが近年は副作用の少ない免疫細胞療法が注目されています。早期に病院受診を行い治療することで高い確率で治る可能性のあるものです。

もっと読む

血管の奇形による病気

カウンセリング

脳動静脈奇形とは、血管の奇形によって起きる病気であり原因不明の脳内出血に発展することが多い病気です。基本的には外科手術で患部を全て除去しますが、出来ない場合は放射線治療または血管内治療などが行われます。

もっと読む