下肢静脈瘤の治療を受けて体のトラブルを即解決

医者

血管の奇形による病気

カウンセリング

原因不明の脳内出血

脳動静脈奇形というのは、名称からもわかる通り脳の動脈と静脈が一つのかたまりのようになり出血を引き起こす病気のことです。通常分かれているはずの動脈と静脈がくっついているため、過剰に血液が流れるためその周辺の血管では逆に流れる血液が極端に少なくなります。また、血流が過剰になっていることの他にもともと血管が弱くなっていることから出血しやすい状態になっていると考えられます。なぜ起きるのか詳しい発症原因はわかっていませんが、生まれつきのもので年齢を重ねるごとに成長していきます。出血すると一刻を争う事態になりますが、前兆として頭痛や吐き気、嘔吐、てんかんのような症状が起きることが多いので早めに病院を受診することで脳動静脈奇形と診断されると治療によって回復しやすいです。

外科手術で患部を取り除く

脳動静脈奇形の治療は、外科手術が基本となっていてかたまりとなっている部分を全て除去することです。脳内で出血が起きた場合には、すぐに入院し安静に過ごして体力の回復を待つことが重要になります。脳動静脈奇形は、かたまりが大きければ大きいほど合併症のリスクが高まり手術が困難となるので年齢やかたまりの大きさなども考慮しながら最終的に手術をするかどうかが決まります。手術が出来ないような場合であれば、放射線による治療を行ったり血管の内部で血流を止める治療などが行われることもあります。自覚症状は比較的自分でも気づきやすいものであるため、何日も続くような気になる症状があれば早めに脳神経外科を受診することが望ましいです。