下肢静脈瘤の治療を受けて体のトラブルを即解決

医者

深刻になる前に

ナース

脳腫瘍とは、頭蓋骨の内側にできる腫瘍を総称して言います。脳や周囲の組織が元になった原発性脳腫瘍と、脳以外の臓器で出来たがんが血流に乗って脳に到達して増殖した転移性の脳腫瘍があります。脳腫瘍は基本的に脳神経内科で診断され治療を行いますが、手術などの外科的な処置が必要と判断された場合には脳神経外科で治療を行います。治療法としては一般的に外科的な方法として手術で病巣を取り除く方法があります。また、化学療法として抗ガン剤により病巣を攻撃する方法があります。そして、病巣の成長を抑えたり縮小させる放射線療法があり、この3つの方法が主流となっています。近年ではこの3つの方法に加えて、体外で自分の細胞を増やし機能を強くして体内に戻す免疫細胞療法が注目されています。その理由は副作用が大変少なく、転移の予防を含めて全身に効果のある治療法だからです。副作用が少ない事で、今までと変わらずに日常生活を送ることができ、ストレスの少ない治療を受けることが可能になります。

脳腫瘍の症状は、大きくなった病巣が脳内を圧迫するため頭蓋内圧亢進症状である吐き気や頭痛、進行すると意識障害が出現します。また、脳内の神経が障害されるとその脳の部分が司る部位の機能が障害される場合があります。そのため、異常な症状が表れた時には早めに病院受診をして適切な検査を受け早期発見につなげる必要があります。早期に発見することで脳腫瘍が小さいうちに取り除く事ができます。そして圧迫されていた部位がなくなることで、頭蓋内圧の亢進症状や神経症状が軽減されます。脳腫瘍の5年生存率は約75%であり、適切に治療を行うことでかなり高い確率で治る可能性のある病気です。詳しい原因がはっきりと解明されていない為、脳腫瘍を助長するような生活を正すことが予防の第一歩になります。